ブライダル イベント オーディション 会社概要 お問合せ 採用情報

Bridal [ ブライダル ]

HOMEブライダル挙式演出外国人牧師選考基準

外国人牧師選考基準

外国人を司式者として採用する場合(株)村上音楽事務所は、選考基準を次のように定めております。

選考対象者

㈱村上音楽事務所が社内に定めた選考の対象となる者は (1)外国人牧師、(2)宣教師、(3)教会活動有資格者だけです。

(1)牧 師
  • 現在、牧師職にあるか、もしくは所属教団、教派の規定に従って牧師に任命された経歴を持つ者。
  • 尚且つ、日本国内での就労の許可(就労ビザ)を得ている者。
(2)宣教師
  • 自国に母教会を持ち、布教を目的として来日している者。
  • 宣教師ビザを所有するだけでなく国内での就労許可を証明できる者。
(3)有資格者
  • 公に認められている教会からの推薦状を有する者。
  • 聖書学校の教職者。
  • 所属教会の定める研修を修了した者。
  • 所属教会に於いて、教会の責任者、指導者として任命された経歴を有する者。
  • 所属教会がチャペルウエディングの司式をすることを承認し 尚且つ、推薦する牧師を2名以上有する者。
以上、何れかに該当する者。そして就労の許可を得ている者。
※所属教会とは・・・ 「クリスチャン情報ブック」(クリスチャン新聞)「キリスト教年鑑」(キリスト新新聞社)等に記載されている公的な教会もしくはキリスト教教職者団体の推薦

選考基準

社内独自に次のように登録司式者を選んでおります
(1)、(2)、(3)に該当する者の中から、弊社独自の下記の基準を設け、尚且つ、ホテル式場、挙式施設で キリスト教の結婚式司式者にふさわしい者を(株)村上音楽事務所の登録牧師として登録しております。

研修制度

登録された司式者は、準登録者として3ヶ月間の研修修了後、正式登録者となります

  1. 挙式見学―外国人の司式と日本人の司式を見学。
  2. 担当牧師の研修プログラムを修了する。
  3. 社内役員のチェックを受ける。
  4. 当事務所基準に達したことを承認されてから派遣される。